ダイヤモンドの買取において価値や査定額は何を基準にして決まるの?

ダイヤモンドの価値は4Cで決まるが、買取に出したときの査定はそれとは違うもの。キズの付き方や手入れの仕方でも査定額は上下する。

ダイヤモンドの買取において価値や査定額は何を基準にして決まるの?

ダイヤモンドの価値基準は4つのCによります。

しかしそのランクと買取に出した際の査定とは別ものです。

キズの付き方、手入れの有無によって査定額は上下します。

▽ダイヤモンドの価値基準は4つのC。

ダイヤモンドの価値は、カラット、カラー、クオリティ、カットという「4C」で決まります。

カラットはダイヤモンドの大きさ、カラーはダイヤモンドの色、クラリティは透明度、カットはブリリアントカットなどのカット技法のことです。

どの項目も大切ですが、透明度の高低については知らない方が多いようなのでこの機会に知っておきましょう。

またダイヤモンドにはそれぞれ色合いがあり、それによっても評価が変わります。

《関連記事紹介》ダイヤモンドの査定手順(https://www.177500.com/

▽鑑定書の評価と査定による評価の違い。

4Cはダイヤモンドを購入したときの鑑定書にランクが示されています。

鑑定書や箱を紛失してしまった方は、そのまま買取に出すことになります。

またこの鑑定書と買取に出したときに受ける査定とは別のものです。

ダイヤモンドにキズが入っていたり、金属の部分に歪みが生じていたりすると、査定価格は下がります。

古くなったダイヤモンドの指輪なども査定が低くなります。

できるだけ落とせる汚れは落とし、キレイにしてから買取に出しましょう。

▽4Cはダイヤモンドを鑑定する際の大事な基準ですが、鑑定と査定とは意味が異なります。

キレイにして買取に出しましょう。

ダイヤモンドや金はともに価値の高いものですが、購入したときの鑑定書にある評価が高くても、買取に出したときの査定額が低いことがあります。

古くなってしまい放しのものは見た目の印象で査定額が下がることもあります。

可能な限りクリーニングしてから買取に出しましょう。