障がい者割引

普段の生活や歩行などが不自由な身体障がい者にとって、交通手段として車は必須といえます。

ましてや、通院などで遠くの病院に行くときなど、高速道路を走行する機会も少なくはないといえます。

そういった障がい者の高速走行を助ける目的で設けられた割引制度が「障がい者割引」です。

ETCレーン

【障がい者割引とは?】

身体障がい者本人が自分で運転する場合、または介助者など本人以外が運転し、重度の身体障がい者もしくは重度の知的障がい者を同乗者として走行する場合に高速料金を割引する制度です。

事前に登録された車両1台に対し、通常料金の半額を割引する制度です。

この制度は、通勤・通学・通院などの日常生活において有料道路をご利用される障がい者の方に対して自立と社会経済活動への参加を支援するために設けられています。

障がい者割引を利用するには、市区町村で所定の手続きが必要となります。

障がい者手帳・自動車検査証などの必要書類のほかに、ETCカードを利用する場合は障がい者本人名義のETCカードが必要となります。

また、「ETC車載器セットアップ申込書・証明書」など車載器の登録番号がわかるものも必要となります。

【対象となる人】

障がい者本人が運転される場合・・・障がい者手帳交付を受けているすべての人。

本人以外が運転し、障がい者本人が同乗する場合・・・障がい者手帳または療育手帳の交付を受けている人のうち重度の障がいがある人が対象。

重度の障がいがある本人が運転する場合も対象となります。

※未成年者が障がい者で、保護者が代わりに手帳を交付している場合、本人が同乗していない場合は割引対象外となります。

【対象車種】

①台数:障がい者1人につき1台を事前に登録

②車種要件:自動車検査証に「自家用」と記載されているもので、以下が対象となります。

・乗用自動車の場合:自動車検査証の用途欄に「乗用」と記載/乗車定員が10人以下/軽自動車も含む

・貨物自動車の場合:「貨物」と記載/後部座席があり定員4人以上10人以下のもののうち、乗車設備と荷台に仕切りがないもの/または乗車設備と荷台が仕切られた最大積載量500kg以下のもの

・特殊用途自動車の場合: 「特種」と記載/「車体の形状」欄に車いす移動車、身体障害者輸送車、またはキャンピング車のいずれかが記載/定員10人以下

・二輪自動車の場合:総排気量125ccを超えるもの

【割引額】

通常料金の半額(端数は10円単位で切り上げ)

【有効期間】

障がい者割引には有効期間があります。

新規および変更の場合は手続き終了後から2回目の誕生日までが有効期間となります。

有効期限の2か月前~期限前日までに更新をした場合は3回目の誕生日までとなります。