ダイヤモンドを少しでも高く買取に出したい。そのコツはある?

ダイヤモンドは買取に出したときの第一印象・見た目で査定額に差が付くもの。それならば出来るだけの手入れを。

ダイヤモンドを少しでも高く買取に出したい。そのコツはある?

ダイヤモンドの買取は他の宝石と違って、買取に出すまでに特別な割り切りが必要になるもの。

後悔のないように少しでも高く買取ってくれる準備をしましょう。

▽せっかくの思い出の品は少しでも高く売りたい。

多くの人にとってダイヤモンドは他のどんな宝石よりも高価で思い出に残る記念品であるはず。

それを買取に出してもいいと気持ちを切り替えるのですから、それなりの割り切りがあったのでしょう。

ダイヤモンドを高く買取してもらえるコツなどはあるのでしょうか。

ネット検索や宝石店のオーナーによると、意外にも「買取にもって来られたときの印象が大事」という答えが返ってきました。

▽長い間しまい込んでおくだけで輝きを失う。

ダイヤモンドは永遠の輝きと言われますが、長い間、宝石箱などにしまっておくと、金属の部分が黒ずんだり、ダイヤモンドに透明感や輝きがなくなってしまったりします。

そのまま買取に出してしまうと、査定額が下がるというわけです。

また肉眼では確認できませんが、使用しているうちにダイヤモンドに小さなキズがついてしまっているケースもあります。

できる限りキレイに手入れをしてから買取に出しましょう。

▽ジュエリーショップに持って行くと超音波でクリーニングしてくれるサービスもあります。

買取前にやっておきましょう。

ダイヤモンドを手入れするといっても、素人には細部のクリーニングはむずかしいもの。

そこで買取とは別に、宝石店にクリーニングをお願いしてみましょう。

手入れも含めて有料ですが、依頼すればその時点でのダイヤモンドの鑑定書も作ってくれます。

買取に出す際の証明書にもなります。

〇ピックアップ⇒カナダで北米最大級のイエローダイヤモンドを発見 552カラット - ライブドアニュース