千葉での葬儀の参列マナー「香典と香典返し」について

葬式や葬儀に参列する際に、参列マナーとして「香典」に関して正しく理解しておきたいですよね。

遺族に失礼にならない「香典」のマナーと千葉で葬儀を行う際の「香典」について解説します。

【香典とは】

「香典」とは、線香やお花の代わりに霊前にお供えする金品のことで、通夜もしくは葬儀で持参するのが一般的です。

香典の相場は参列者の年齢によって異なります。

また、血縁関係がある場合は1万円~10万円以上、血縁関係のない場合は、5000~1万円ほどの相場になっています。

また、香典の金額は端数のない金額が好ましいとされてます。

【千葉での葬儀での香典の金額】

千葉で葬儀がある場合の香典の金額は、東京都などに比べて若干高めの金額になるといわれています。

金額が高めの理由は、千葉では参列者が飲食物などの通夜でのふるまいを受けることもあるためです。

金額は詳しく決まっていませんが、多ければいいというものではなく、故人への気持ちや遺族を尊重した上で、金額を決めればいいでしょう。

【千葉での葬儀での香典返しのタイミング】

「香典返し」とは香典を受けた御礼にもの送ることをいい、地域によって香典返しをするタイミングが異なります。

千葉では、通夜や葬儀の当日と後返しの併用がされています。

香典返しの内容は、当日返しでは2000~3000円相当の品物を用意し、高額な香典を頂いた方に対しては忌明けに香典の半分程度の金額の品物を後返しとして送ることが多いです。

葬儀の参列マナーの一つとして知っておきたい「香典」について解説しました。

細かい決まりは存在しない香典ですが、故人や遺族に対して失礼のないように考慮した上で、金額を決めるようにしましょう。