関越特別区間割引(水上~湯沢間)

都心から新潟方面や北陸方面に行くためにも関越自動車道はなくてはならない高速道路です。

その途中にある新潟県の湯沢といえば、温泉やスキーなど観光資源が豊富な地域でも有名です。

ETCカードを使った有料道路の割引の制度はいろいろありますが、関越自動車に関しては「関越特別区間割引」という制度があります。

湯沢への通行に大変おトクな割引制度ですが、どのような割引制度でしょうか?

雪の高速道路

【関越特別区間割引(水上~湯沢間)とは?】

関越自動車上の水上IC(群馬県)~湯沢IC間の通行料金が約30%割引となります。

この区間は山と峠に囲まれた地域であり、一般道はありません。

関越自動車道には山を貫通する日本で二番目に大きい関越トンネルが通っており、高速道路を通らず水上から湯沢方面に行くためにはかなりの迂回を要します。

そういった経緯もあり関越自動車を通行するドライバーのためにETCカードを用いた割引制度が設けられました。

特別区間の通行料金は1kmあたり39.36円に設定されていますが、ETCカードの割引が適用されると24.6円(NEXCO東日本管内の大都市近郊区間と特別区間を除く区間の料金)になります。

その金額に車種などの比率などを調整させて料金が決まります。

この割引制度は、何度か割引率の改正が行われ、現在の割引料金の適用期間は平成26年4月1日~平成36年3月31日までとなっています。

新潟方面への通行が多いトラックドライバーや、湯沢で観光などを楽しみたいファミリー層にはうれしい割引制度といえます。

【割引条件】
対象期間:平成26年4月1日から平成36年3月31日まで(予定)
対象車種:ETCカード・車載器を搭載したすべての車両
割引対象日:毎日
対象区間:関越自動車道の水上IC~湯沢IC間(その区間のみの通行も割引対象)
割引率:対象区間1kmあたり約30%割引(1kmあたり39.36円⇒24.6円)
通行料金:以下の通りとなっています。
・普通車:通常料金1270円⇒ETC車割引料金850円
・大型車:1990円⇒1300円

▼注意点

高速道路利用1回にかかる固定費(150円)については割引対象外となっています。

他の割引制度で適用外になりがちなその他のETC割引や障害者割引ですが、関越特別区間のETC料金に対し、割引が適用されます。

また特別区間を含む走行区間の中で、複数ルートがある場合は最も安い経路で計算されます。

その金額が特別区間割引より安い場合は特別区間割引は適用外です。