外環道迂回利用割引

ETCカードを所持しているドライバーのための割引制度は、地域によりさまざまなものがあります。

居住地の近くの高速道路や目的地へ向かうために高速を使う時は、割引制度を調べて効率よく利用しましょう。

首都圏のドライバーにおすすめの割引制度は、外環道迂回利用割引です。

外環道

【外環道迂回利用割引とは?】

外環道迂回利用割引は、首都高などの料金体系が変更となった平成28年4月1日からスタートした新割引制度で、適用期間は当面継続予定となっています。

元々首都高速道路は渋滞問題に悩まされていました。

その解消を目的として首都高を発着として放射高速道路を通行する際、外環道を迂回する車にETCカード専用の割引を設けることにより直線距離で首都高発着で放射高速道路を利用した場合の高速道路料金と同額になるよう調整される仕組みです。

通行料金はETCレーンを通過した際に割引されるわけではなく、後日カード会社から割引料金で請求されます。

先に金額を知りたい場合は、ネット上で走行料金を確認できる「ETC利用照会サービス」を利用しましょう。

【割引条件】
対象車種:ETCカード・車載器を搭載したすべての車両
割引条件:首都高速の都心環状内の出入り口を発着し、東京外環道を1JCT間のみ迂回利用して放射高速道路を利用した場合
対象となる放射高速道路:東北道/常磐道/関越道/首都高速埼玉大宮線
割引率:上記の要件を満たすことにより、外環道の利用料金が0円~数百円単位で割引となり、首都高速~放射高速道路を直接走行した際の高速代と同額になるよう調整される。
詳細な料金は車種によっても異なるため、ホームページで確認が必要。

【注意点】

以下の条件では外環道迂回利用割引の対象とはなりませんので注意が必要です。

①1JCT間を超えて迂回利用をする場合(例:美女木JCT~三郷JCT間を迂回した場合、間に川口JCTを挟むため2区間になってしまう)

②都心環状線内と放射線高速道路が発着ではない場合

③大泉JCT~美女木JCT間は対象外

※例えば、川口JCT~大泉JCTを2区間迂回して関越道に出た場合、2区間の利用であっても対象外とはなりません。

美女木JCT~大泉JCT間の高速料金:430円はかかりますが、1区間の迂回分として首都高との割引料金調整が生じ、結果首都高IC~大泉JCTを直接通行した場合の通行料金と同額になります。