ダイヤモンドを買取に出す際の目安があれば教えてほしい。

ダイヤモンドを買取に出す目安は服の断捨離感覚と同じ。1年以上使わずに置いたものは、買取に出すほうが無駄にならない。

ダイヤモンドを買取に出す際の目安があれば教えてほしい。

ダイヤモンドのジュエリーは貴重なものですが、手元に置いておくことと有効利用は違います。

宝の持ち腐れ同然にしてしまうのかどうか、思い切りが必要です。

▽古いジュエリーは新しい服には似合わない。

ダイヤモンドの指輪やネックレスは、だいたいの人が宝石箱に入れたまま存在さえ忘れているケースが多くあります。

そもそも“存在を忘れている”ということは使っていないということですから、それが買取に出す目安になります。

不思議なもので新しいダイヤモンドの宝飾品はコーディネートしても服にピッタリきますが、古いダイヤモンド品は、やはり古ぼけて不似合いに映ります。

そうなると取っておいても無駄になるばかりなので思い切って断捨離しましょう。

▽服と同じような断捨離感覚で買取に出す。

断捨離は服と同じ感覚で良いと思います。

着けなくなって1年以上経過したものは、考え込まずに買取に出す。

汚れやキズが気になって使わないダイヤモンド類は、その先も使わないことが確定しているも同然なので売却してしまう。

あらかじめ保有するダイヤモンドジュエリーの量を決めておき、宝石箱に収納しきれなくなったら、古いものから買取に出す。

こういった感じで良いのではないでしょか。

▽買取に出してお金に換えれば、新しいダイヤモンドの指輪やネックレスの資金にも充当できます。

無駄にはなりません。

せっかくのダイヤモンドジュエリーを売ってしまうのは勿体ない…。

そう思って買取に出さなければ、もっと無駄なことになります。

宝飾品にはトレンドがあるので、服と同じようにたまには新しく買い替えてあげることを考えましょう。

一生ものではないジュエリーならば、そのほうが合理的です。